割れたガラスを処理して交換するタイミングとは

窓ガラスが割れる危険はすぐそこに!!

ガラスは衝撃に弱くちょっとしたことで割れてしまうことがあります。ボールなどがあたってしまったなど小さなお子様の予測できない状況で割れてしまうことがありますね。

小さなお子様を育てている方は、目を離さないこと、窓ガラスの近くに行かせないようにすることで割れてしまうことを防ぎましょう。ヒビができてしまうだけでも思わぬケガの元となりますので常に気を配っておくことが大切といえます。

また割れたりヒビが確認できたら小さなお子様は決して近づけないように注意してください。破片が口に入ってしまうと大きなケガを招くことがあります。

また、家の外からボールなどが飛んできて当たって割れてしまうこともあります。この場合はあらかじめ強度の高い強度ガラスなどで割れることを防ぐなどもできますね。

一度で割れてしまわなくても、窓ガラスは衝撃を溜めてしまいます。私たちのストレスのように発散することはできません。衝撃を溜め続けていると、ほんのちょっと当たっただけでもパリンと簡単に割れてしまうかもしれません。

窓ガラスは自然に割れてしまうことがある!?

大きな負荷がかかると簡単に割れてしまうことは皆さまご想像が容易いと思いますが、窓ガラスは何かが当たったわけでなくても自然に割れてしまうことがあることをご存知でしょうか。

ガラスは太陽光に当たっていますね。温められるとガラスは膨張します。しかし、窓ガラス周りのサッシ部分は太陽の光を浴びないので冷えています。

低温のサッシ部分が温まって膨張した窓ガラスを圧迫してしまっている状態です。この状態に耐え切れなくなると窓ガラスは割れてしまうことがあります。

「あれ?何か当たったかな?」と気付いたら割れているのはこれが原因かもしれません。

ガラスが割れていたら迅速に対応することが大切です。放っておかずにガラス交換をしましょう。

24時間体制で対応してくれる業者や連絡したら最短15分以内で到着してくれると謳っている業者もありますので、状況や金額に応じてあなたに最適な業者を選ぶのが良いでしょう。

ガラスは割れると目に見えないほど小さな破片が床にちらばっています。窓ガラスは安全には気を付けて取り扱いましょう。