窓ガラスの種類や省エネに対する効果を知っておこう

ガラスを替えると様々な恩恵を受けられるって本当?

近年ガラスはあらゆるシーンで活躍できるよう進化し続けています。一般的な窓ガラスをお使いでしたら、ぜひ違ったものに替えてみましょう。というのも、窓ガラスは生活に非常に密接しています。窓ガラスを変えることによって、空き巣防止や光熱費節約など思わぬ効果を発揮することがあります。

省エネ効果の高いガラスとは?

ガラスは基本的に熱を通してしまいます。お家の中で冷暖房をつけていてもその空気がガラスを通して外部に逃げてしまい、電力の無駄遣いとなってしまいます。

省エネ効果の高い冷暖房を使っているなら尚更、せっかくの節電を無駄にしないようにしてください。

光熱費を節約したい、そう考えている方はぜひエコガラスに変更してみましょう。

特殊なガラスで、熱を通しにくくしています。温かい空気も冷たい空気も室外に逃げないようにしてくれる存在です。窓ガラスを替えることによって年間の光熱費はご自宅の規模にもよりますが数千円~数万円節約できると言われています。

プライバシーを大切にしたい

窓ガラスは透明なものが多く、すぐに外の様子を知ることができますが、逆に外部からも容易に見られてしまうのには困りますね。カーテンを設置しているご家庭がほとんどだと思いますが、カーテンの僅かな隙間も見過ごすわけにはいきません。家庭のプライベートな空間を大切にしたいと思われている方は曇りガラスを採用してみてもよいかもしれません。その名の通り曇り加工がしてあるので透けませんのでカーテンをうっかり閉め忘れていても大丈夫というわけです。

空き巣が不安、窓ガラスから入るんでしょ?

空き巣が侵入する手口の一つに窓ガラスを割って、鍵を開けて入るものがあります。バールやドライバーで窓ガラスを割るのですが一般的なガラスですとものの数秒で割られてしまいます。防犯のしようがないですね。そこで防犯ガラスというものがあります。防犯ガラスとは2枚のガラスの間に特殊な膜が入っていて割ろうとしても、ガラスがなかなか割れない、割れても非常に大きな音がするといった点で防犯効果の高いガラスです。

火災のときにガラスが飛散したら怖い

ご家庭ではもちろんのこと飲食店を経営の方であったりすると恐れるものは火災ですね。家屋が引火してしまうと窓ガラスにも影響が及びます。激しく飛散することもあり、被害が拡大してしまう可能性のある厄介なものです。

そこで網入りガラスや強化ガラスを使ってみましょう。網入りガラスは内部に針金などが入っていてもしガラスが割れてもガラスが脱落しないようになっています。

強化ガラスも強度を一般的なものよりずっと上げており、かつもし割れても細かな粒状になるのでケガをしにくいつくりになっています。

ちなみに強化ガラスは防犯にも役立つのではないかと思われるかもしれませんが、強度をあげていても強い衝撃がかかればすぐに割れてしまいますので、空き巣防止にはあまり役に立ちませんので誤解のないようお願いします。

この他にも、ガラスは多くの種類があり予算、シーンなどで最適なものを見つけると良いでしょう。ガラス交換されるのであれば、事前にガラスの大きさを調べておくと概算もすぐにできますのでおすすめです。

電話一本で見積もりに来てくれる業者もありますので、お住まいの近くの業者を探してみましょう。あなたの生活をグレードアップさせるものが窓ガラスかもしれません。